海外

人生が変わったワーホリ・ホームステイ経験|自分らしい生き方とは

私はかつて、自分に全く自信が持てず、人から嫌われることを何より恐れていました。

いつもいつも相手の顔色をうかがい、自分の気持ちなんて一切封印して、みんなに好かれようと必死でした。

わたしなんか、
わたしなんか、
わたしなんか、

いつも自分で自分の事を否定していました。

わたしには価値がない、本当のわたしを知ったらきっと嫌われる。

だから誰とも心を通わせず、うわっつらだけの人間関係しか作れず、虚しさばかりが募りました。

その頃の私にはどうすることも出来なかったのです。

憧れていた海外ホームステイ

そんな私には密かに夢がありました。

それが、海外でホームステイをすること。

第2の家族と言えるような、温かいファミリーと出会い心を通わせたい。

ささやかな願いでした。

初めてその夢がかなったのは18歳の夏休み。

何とか何とか父を説得し、バンクーバーの語学学校に2週間の語学留学をさせてもらいました。

 

初めての海外!
初めてのホームステイです!

 

ところが、私の最初のホームステイは理想通りとはいきませんでした。

【私のホームステイ体験談】ビジネスライクなホストファミリーはじめてのホームステイって不安ですよね。 あなたの不安を少しでも解消して、ワクワクした気持ちで出発してほしい。 そし...

 

ビジネスライクなホストファミリーに、長年の夢は砕け散りました。

さらに、私を落ち込ませたのは、英語が全然通じなかったことです。

日本では英語の成績はトップクラス、自分の英語が通じないかもしれないなんて思いもしませんでした。

【初めてのホームステイ】ホストファミリーの英語が聞き取れない人へ私、英語は結構得意でした。 テストの点数も良かったし。 だからホストファミリーと仲良くなれると思っていたんです。 実際カナダに...

 

でもね、ホストファミリーと仲良くなれなかったのは英語力だけの問題じゃないんです。

ホストファミリーと会話が続かないのは英語力のせいではない もしかして、そんな悩みをお持ちですか? これからホームステイに参加する人なら、自分の英語力でホストファミリーと仲良くなれる...

 

ビジネスライクなホストファミリーにさらに英語が通じないという状況。

 

どうせわたしの英語じゃ通じない。

もういいや!

 

投げやりになり、わたしはせっかくの海外なのに、部屋に引きこもるというアホな行動をしてしまいます。

ホストファミリーと心を通わすどころか、早く帰りたいとさえ思っていました。

そんな初めてのホームステイを経験し、私はもうこりごりと思ったでしょうか。

 

いいえ、その逆です。

 

私はますます、理想のホームステイに興味を持ちました。



ホストファミリーと仲良くなるには

海外で第2の家族と呼べるようなホストファミリーに出会いたい。

どうしたらもっとホストファミリーと仲良くなれるだろうか。

 

いつもいつも考えていました。

 

もちろん、英語の勉強もそれまで以上に頑張りました。

 

そして、社会人2年目の夏休み、私は1週間という超短期のホームステイに参加することにしたのです。

【社会人の超短期留学】夏休みに1週間のホームステイをすすめる理由この記事では社会人2年目の夏休みに1週間の"超短期ホームステイ"に行った私の経験を紹介します。 そんな悩み...

 

ペンとノートをいつも持ち歩き、会話ネタを探し、積極的に話しかけました。

ホストファミリーと仲良くなりたい!会話ネタを見つける方法を紹介します。 海外でホームステイをする経験なんて人生でそう何度もできる事ではないですよね。 せっかくのホームステイなのにホストファミリー...

 

”Have a nice day!”のようなフレーズを何度も何度も練習し、自分から声をかけるようにしていました。

1回目のホームステイに比べると、圧倒的にマインドが変わっていたのです。

ホストファミリーと良い関係を築くマインドを持っていますか?ホストファミリーと良い関係を築けるかどうかで海外生活は楽しくも苦しくもなります。 せっかくの海外生活、ホストファミリーと良い関係を築い...

 

人生を変えるホストファミリーとの出会い

束の間のホームステイを終え、わたしは再びやりたくない仕事を頑張る毎日に戻りました。

やりたくない仕事を今日も頑張るあなたへ|少しだけ前向きになるにはかつて私にはとても「やりたい事」がありました。 そのいつか「やりたい事」の為に、今「やりたくない事」を頑張りました。 今、こ...

 

ストレスフルな毎日。

自分の事が嫌いになるばかりでした。

 

そして、過呼吸で倒れるほどに自分を追い込みました。

 

ワーホリで海外に行きたい。

 

就職する前に抱いていた夢を真剣に考えるようになりました。

結果として、私は新卒入社した会社を2年で辞め、ワーホリビザでバンクーバーへ旅立ちました。

 

そして・・・

 

カナダで待っていたのは・・・

 

 

 

人生を変えるホストファミリーとの出会いでした。

 

 

 

夢にまで見た、大きな真っ白いお家とステンドグラスの窓。

ささいなことでもサンキューと言って、ぎゅっと抱きしめられる。

 

大嫌いだった黒髪のストレートヘアを素敵と褒められ、

家族の一員のように愛情深く接してくれるホストファミリー。

 

今、思い出すだけでも涙がこぼれそうになります。

 

自分の事が大嫌いだった私は、ありのままの自分でも愛されるということを初めて知ったのです。

【自己肯定感】海外で暮らしたら自尊心と幸福感が高まった話 20代前半、海外に行く前の私はこんな状態でした。 自分に自信が持てない 周りと比べて落ち込んでしまう ...

 



忘れられない経験

ワーホリでカナダに滞在中、私は語学学校へは通いませんでした。

 

なぜかというと、

『経験から学ぶ』という方法を選んだから。

 

海外で暮らしているのです。

学校へ行かずとも、一歩外に出れば、当然ながら生きた英語に触れられる世界です。

 

私は学校よりも自分のやりたい事をやりながら、英語を身に付ける方法を選びました。

ワーホリで語学学校へ行かずに英語力を伸ばす方法【体験談】ワーホリビザで語学学校へ行くのは時間のムダという記事を書きました。 https://eigotegami.com/working-...

 

語学学校には行かず、趣味の陶芸教室に通い、ずっとやりたかった日本語教師としても活動しました。

日本語教師の魅力|外国人に日本語を教える楽しさと難しさ【体験談】外国人に日本語を教えるのって難しいですか? そんな素朴な疑問に答えます。 結論から言いますと、 難しいですが面...

 

おかげでネイティブの友達もたくさんできました。

ワーホリでネイティブと友達になるには|共通の〇〇を持つといいよこの記事では楽しみながら英語を身に付けて、ネイティブと友達になる方法について書いてます。 今現在海外で生活しているワーホリさん、こ...

 

そんな人生で最高に楽しくて輝いていた1年はあっという間に過ぎ去り、私は日本へ帰国しました。

夢と挫折

ワーホリから帰国した私は、1年前と何も変わらない日本での生活に呆然とし、無気力に陥ってしまいました。

これからどうやって生きていったらいいのか、わからなくなってしまったのです。

ワーホリ帰国後の無気力でうつっぽくなっているあなたへ贈るメッセージ ワーホリから帰国した今、あなたは何を感じていますか? 私はワーホリから帰国した際、出発前とまるで何も変わらない日本での日常...

 

そこで、私のとった行動は、次の目標をみつけることでした。

 

日本語の教え方をもっと勉強したい!

 

だから、日本語教師を目指すことにしたのです。

日本語教師になるための3つの方法【目的別の学び方を紹介します】日本語教師になる為にはどうしたらいいの? この記事ではそんな疑問に答えます。 日本語教師になるための資格とは 厳密に言えば...

 

ところが、です。

やっと次の目標を見つけたと思ったのに、私は日本語教師を諦めることになってしまいました。

 

なぜなら、

 

わたしは、

 

大勢の人の前に立つことが苦手
大きな声で話すのが苦手
人を注意するのが苦手

 

だったのです。

日本語教師としては致命的です。

夢が叶っても幸せになれなかった話【偽物の願望に気づく】私にはずっとずっと夢がありました。そのために頑張って頑張って生きてきました。 そしてやっとやっとその夢が叶ったのに全然幸せじゃなか...

 

そこで私は考えました。

 

日本語教師としてではなく、わたし個人として、

 

日本語を学んでいる人の為に何ができるだろうか
日本の魅力を海外に広めるために何ができるだろうか

 

私が選んだ道は、

海外文通を通じて、日本の魅力を伝えること。

そして、

ハンドメイドの文房具で日本語学習者のサポートをすることです。

 

誰にだって弱点はありますよね。

だから夢を諦めるのではなくて、その弱点をどうやりたいことに繋げていくか。

 

正解は1つじゃなかったんです。

自分らしい生き方

私は今、派遣の仕事をしながらプライベートで海外文通を楽しみ、ハンドメイドの文房具で日本語学習者の応援をしています。

世間的に見れば、私は新卒入社した大手企業で働き続けた方が幸せだったかもしれません。

ワーホリなんて意味なかったね、と言われても仕方がないかもしれません。

ワーホリなんて意味ない?|私が海外で学んだ3つのことワーホリに行っても別に人生変わらないよ。 辛いこともあるし、キャリアに何のプラスにもならない。 ワーホリなんて意味ないよ。 ...

 

だけど、

今の私は、人にどう思われるか、人にどう評価されるかよりも

自分がどう思うか、幸せを感じられるかを大切にしています。

 

言うならば、

自分軸で生きられるようになりました。

自分軸で生きるって?【海外で見つけた自分も他人も尊重する生き方】『隣の芝生は青い』ということわざがありますね。 他人の持っているものは何でもよく見えるという意味ですが、誰かと比べて落ち込んだり、...

 

私は私のままでいい。
私らしく生きればいい。

 

私は海外で暮らして、素敵なホストファミリーに出会い、一生懸命日本語を勉強するカナダ人に出会い、何歳になっても夢に挑戦し続ける親友と出会いました。

もしも、あなたがワーホリ・ホームステイに挑戦するとき私の経験が何かお役に立てれば嬉しいです。

ワーホリ迷っているあなたへ|2回の経験がある私から伝えたい事この記事は、ワーホリ行きたいけど、どうしよう・・・ 迷っているあなたに2回のワーホリ経験がある私から伝えたい事を書きます。 ...