ワーホリ

ワーホリにエージェントは必要か?留学エージェントの賢い選び方

この記事ではワーホリに行く際に留学エージェントを選ぶポイントを紹介します。

留学エージェントってたくさんあってどこがいいのか迷いますよね。
人によってワーホリの目的は違うし、英語力も違えば、資金も違います。

今日はあなたに合ったエージェント選びのポイントをいくつかお伝えします。

ワーホリに留学エージェントは必要か?

まず、私自身の経験を紹介しますと、

初めての海外経験は学生時代の夏休みにカナダの語学学校に短期留学した時です。
その後、社会人2年目の夏休みにオーストラリアで1週間の超短期ホームステイに参加。
1年後にカナダでワーホリ
3年後にオーストラリアでワーホリ

初めての語学留学、オーストラリアでホームステイ、カナダでのワーホリは
留学エージェントを通して手配をしました。

オーストラリアでのワーホリは海外旅行保険のみエージェントから申し込みをしましたが、
その他サポートは一切受けませんでした。

時々、エージェントを通さず全て自分で手配した人に出会う事があったのですが、
本当にすごいなあと思います。

海外に慣れているわけでも英語がペラペラなわけでもないのに、
たった一人で全て調べて、手配をしてワーホリに来ている人に出会った時は本当に感心してしまいました。

ですが、今、私が留学やワーホリの為にエージェントを通すべきかと問われたら、
「エージェントを通すべき」だと即答します。

その理由を次から説明しますね。

留学エージェントのメリット・デメリット

留学エージェントを利用する事のデメリットはほとんど思い当たりませんが、
しいて言えば、費用が掛かる事でしょうか。

デメリット:費用

とはいえ、今は格安、もしくは無料のエージェントもたくさんあります。

なので、いかに情報収集をするかが大切ですね。

オーストラリアでワーホリ中に対照的な二人に出会いました。

A君:ワーホリ資金20万円でエージェントは通さず全て自分で手配した。
Bさん:ワーホリの為に留学エージェントに200万円の費用を支払った。

A君の勇気と行動力は誰でも真似できるものではないですよね。
一方で、Bさんの支払った金額にはあ然としてしまいました。

A君とBさんの違いは情報量だったのではと私は思います。

Bさんはもっと情報収取をしていれば費用を抑えられたはずです。

これは私自身のカナダでのワーホリ経験で学んだ事でもあります。

事前にしっかり情報収集を行う事で費用は抑えられ、現地での生活を快適に楽しむ事が可能です。

少し話がそれましたが、
出発前にしっかりと情報収集を行ってください。

メリット:たくさん

留学エージェントを通すメリットはたくさんあるので、以下に主なものを挙げてみます。

初めて海外生活を送る不安を解消できる

一番のメリットはここだと思います。

慣れない海外生活には不安がたくさんあります。

現地で生活する中で何か困った事やトラブルが起きた時、相談できる場所がある事はとても心強いものです。

なので、現地にサポートオフィスがあるということがエージェント選びの一つのポイントです。

また、日本にいる家族にとってもエージェントのサポートがある事は安心材料になります。

必要な手続きのサポートをしてもらえる

ワーホリの為に必要な手続きはたくさんあります。

まずはビザを申請しなければなりませんし、例えばカナダの場合、現地で働くためにはSINナンバーという社会保障番号を取得しなければなりません。

また、生活する上では銀行口座も開設する必要がありますね。

これら様々な手続きを自分でする自信がないのなら、エージェントを利用した方がベターです。

ホームステイの斡旋をしてもらえる

ホームステイをする場合はエージェントを通す事が多いと思いますが、ホストファミリーに対して独自の基準を定めていたり、審査を行っていたり、安心して任せられる会社を選びましょう。

また、最初から長期のホームステイに申し込むよりは1カ月程度にしておいた方が無難です。現地でシェアハウスに移ったり、ホームステイが合わずにストレスになって辞める場合もあります。

日本人の仲間が出来る。

エージェントを通して出発する場合、同じ時期に到着した日本人同士で顔見知りになる事が多いです。

もちろん、日本人とばかり一緒にいるのはおすすめしませんが、慣れない海外生活でホームシックになった時など相談できる相手がいることでストレス解消になったりします。

また、同じ目標や夢を持った親友に出会える事だってあるのです。

ワーホリ中に出会った日本人の中にはエージェントはぼったくりだ等と愚痴を言っている人もいましたが、そういった人達は事前の情報収集が不足していたのだと思います。

自分にとって必要なサービス、不必要なサービス、追加料金が必要なのかどうか、複数のエージェントから資料を取り寄せてしっかり検討しましょう。

留学カウンセラーとの相性

担当してくれる留学カウンセラーとの相性も重要です。

あなたの夢や目標、不安にしっかりと耳を傾けて、親身になってくれる担当者がいることもポイントになります。

結論

海外生活に慣れていないのなら、留学エージェントを利用することをおすすめします。

ポイントは、

・複数の会社から資料を取り寄せしっかり検討する事
・情報収集に時間をかける事
・自分のやりたい事にマッチしたプログラムを選ぶ事

今は良質なプログラムを提供するエージェントがたくさんありますので、
エージェントを利用して失敗したとなる事は少ないと思います。

むしろ、全て自分で手配する事によるリスクの方が大きいのではないでしょうか。

もちろん、海外経験があるとか英語力に自信がある、身近に経験者がいる等
エージェントを通さず自分で手配することに不安がないのなら挑戦してみるのも良いと思います。

実際、私も2回目のワーホリの時は海外旅行保険のみエージェントから手配をし、
それ以外は全て自分で手配をしました。

一番心配だったビザの申請も何の問題もありませんでした。

大切に貯めたワーホリ資金ですから、しっかり情報収集をして賢く使いましょう。