英語

【外国人へのプレゼントにもおすすめ】日本の名作を英語で読んでみる

外国人へのギフトとしておすすめなのが、日本の文学作品の英語本です。

素晴らしい日本文学作品はたくさんありますが、英語に翻訳されているものは意外と少ないです。

読書が好きな外国人の友人に私の好きな小説を紹介したいと思ったのですが、英語版が無くて残念に思う事があります。

今日は英語に翻訳されている日本の文学作品を紹介したいと思います。

もちろんプレゼントとしてだけでなく、英語の勉強にもおすすめです。

外国人へのギフトにもおすすめ!日本文学の英語版

I am  a Cat  ~ 吾輩は猫である



言わずと知れた夏目漱石「吾輩は猫である」の英語版です。
外国人の場合、夏目漱石を知らない人がほとんどだと思いますが、
猫の視点で書かれた物語、というだけで「面白そう」と興味を持ってもらえます。

私も読書好きな友人にプレゼントしたところ好評でした。

Rain Won’t ~雨ニモマケズ



Rain won’t stop me.
Wind won’t stop me.
雨ニモマケズ
風ニモマケズ

ただただ英訳の美しさに感動します。
優しいタッチで描かれた日本の里山の絵に癒されます。
そして、訳者のあとがきを読み深く考えさせられます。
日本人として自信を持っておすすめ出来る1冊です。

Kafka on the Shore 「海辺のカフカ」

村上春樹さんの作品は海外でもとても人気があります。
文通相手からもHaruki Murkamiの作品で何が好き?なんて聞かれることがあります。

The Housekeeper and the Professor

小川洋子さんの本
日本語のタイトルは『博士の愛した数式』

KITCHEN

つづいては私の大好きな吉本ばななさんの著書「キッチン」の英語版。
日本語版を読んでから英語版を読むと、こんな風に英訳されているのかあ、と勉強になります。