手紙の書き方

【英文レター】感謝の気持ちを伝えたい!手紙を書く時に大切な事とは?

 

お世話になった人にお礼の手紙を書きたい。
気持ちが伝わる手紙の書き方を教えて!

『ありがとう』の気持ちを伝えたくて手紙を書く事って多いですよね。

例えば、

・ホストファミリーへのお礼
・英語を教えてくれた先生
・悩みを聞いてくれた友達
・旅先でお世話になった方たち

感謝の気持ちが大きければ大きい程、その気持ちを伝えたい。

そんな風に感じるのではないでしょうか。

今日は感謝の気持ちが伝わる手紙を書くコツをお伝えします。

感謝の気持ちが伝わる手紙とは?

本当に感謝の気持ちが伝わる手紙ってどんな手紙だと思いますか?
まずはあなた自身が受け取った手紙を思い返してみてください。

今までもらった手紙の中で、心に残っている手紙はありますか?

その手紙はどうしてあなたの心に残っているのでしょうか?

その事を考えてみると、気持ちが伝わる手紙を書くコツが見えてきます。

わたしの場合は相手の言葉で書かれていることでした。

 

日本語教師として活動していたので日本語を勉強している人から手紙をもらう事がたくさんありました。

一生懸命書かれた日本語の手紙を受け取った時はとても感動します。

今でも印象に残っている手紙は、間違いだらけだけれど、心を込めて書いてくれたことが伝わってきます。

辞書を使いながら一生懸命書いてくれたんだなあ・・・

そう思える手紙は受け取ってとても嬉しかったし、心に響きました。

だから、感謝の気持ちを伝える手紙を書くコツはあなたの言葉で書く事なんです。

 

次から基本的な感謝の手紙の書き方を紹介しますので、参考にしながらあなたらしい手紙を書いてみてください!

お礼の気持ちを伝える英語~カジュアル編

日常生活やSNSで気軽に使えるカジュアルな『ありがとう』の表現です。

Thank you!

Thank you. は最もシンプルで定番のフレーズですね。

より感謝の気持ちを表したいなら、

・Thank you very much.
・Thank you so much.

具体的に何に対して感謝しているかを伝えるには、

Thank you for ~.

例えば、

Thank you for your mail.
(メールをありがとう)
Thank you for your advice.
(アドバイスをありがとう)
Thank you for your concern.
(心配してくれてありがとう)

Thank you!はあまりに定番過ぎて、何かもっと違う言い方があるんじゃないかと思うかもしれません。

私もそうでした。
すごく感謝しているからThank you! よりももっと感謝の度合いが高い言葉があるんじゃないかって。

だけどね、
思っている以上にみんな”Thank you!”なんですよ。

要は、どれほどに感謝しているか、どれほど嬉しかったかは、Thank you!の後にあなたの言葉で伝えればいいわけです。

だからやっぱり、最初に伝える言葉は”THANK YOU!”なんです。

感謝の気持ちを伝える英語~ビジネス編

目上の人に対してやビジネスシーンなどで使える丁寧な『ありがとう』の表現です。

I appreciate ~.

直訳すると、「~を感謝します。」です。

“Thank you.”に加えて、

Thank you. I appreciate it.

と使う場合もあります。

ビジネスシーンで使われることが多いです。

例えば、

I appreciate your help.
(手伝って頂き感謝します。)
I appreciate your kindness.
(ご親切に感謝します。)

注意点はappreciate の後には「もの・事」が続くことです。

× I appreciate you.
“appreciate +人”のようには使えませんので注意してください。



気持が伝わる感謝の手紙の書き方

ここからは実際に感謝の手紙の書き方をご紹介します。

1.書き始め

一般的には”Dear”で始めます。
Dear + 名前,

友達などよりカジュアルな相手には、

Hi + 名前
Hello + 名前

“Hi”や”Hello”から始めてもOKです。

2.感謝の気持ちを伝えよう

シンプルな英語で大丈夫です。
あなたの感謝の気持ちを伝えましょう

Thank you so much for ・・・・
I really appreciate ・・・・

3.具体的な感謝の気持ちを伝えましょう。

次に感謝している事に対して具体的な一文を追加します。

ここが一番のポイントです。

辞書などを使って出来るだけあなたの言葉であなたらしい一文を考えてみてください。

例えば、

4.相手の事を気遣う一言

相手を気遣う一言を追加しましょう

例えば、

I look forward to seeing you again.
(またお会いできるのを楽しみにしています。)

I feel very lucky to have a friend like you.
(あなたのような友達がいてとてもラッキーです。)

5.再度感謝の気持ちを伝える

手紙を締めくくる前に再度感謝の気持ちを伝えましょう。

Thank you again ・・・・
I truly appreciate ・・・・

6.結びの言葉

Sincerely,
Best regards,
Best wishes,
Love,

まとめ

感謝の気持ちが伝わる手紙に書き方を紹介しました。

繰り返しになりますが、一番のポイントは「あなたの言葉で伝える事」です。

自分の英語が間違っていないか不安に思うかもしれません。

わたしもそうでした。

だからネイティブの友人や英会話の先生に添削をお願いしたこともあります。

彼らの答えはいつも一緒でした。

小さな間違いはあるけれどこのまま渡した方がいいよ。とても気持ちがこもっているのが伝わるから

いつも手紙を書く時に心に留めている言葉です。

完璧な英語より心のこもった英語の方が相手を感動させることが出来るのです。

 

海外でも大人気!手紙に添えるプチギフトは折り紙がおすすめ先日ヨーロッパから届いた一通の手紙の中に赤いリボンが同封されていました。 赤いリボンは伝統的なラッキーチャームなのだそうです。 ...