英語学習

ビジネス英語は日常会話より簡単だった|私のビジネス英会話攻略法

数年前、ワーホリから帰国したばかりの友人は、

英語を生かした仕事がしたいけど私はビジネス英語が話せないから、無理だよね・・・

と言っていました。

まるでかつての自分を見ているようでした。

そんな彼女が今では、英語を使ってイキイキと輝いています。

私も友人も最初は自分の英語力にこれっぽっちも自信が持てませんでした。

それでも何とか一歩を踏み出し、英語を使って仕事ができるようになりました。

ワーホリ経験があるのに、英語に自信が持てなくて、憧れの仕事に挑戦できずにいるのなら

この記事がお役に立てるかもしれません。

私のビジネス英会話攻略法をご紹介します!

ビジネス英語ほどシンプルで簡単

『ビジネス英語(英会話)』にどんなイメージがありますか?

私はワーホリから帰国した頃、日常会話は問題無く話せるレベルの英語力がありました。

ネイティブのホストファミリーとほぼ1年間一緒に暮らしていて、私の後に来た日本人留学生との通訳を引き受けることもありました。

にもかかわらず、英語を使って仕事をするなんて、

ムリムリムリ!だって私ビジネス英語を学んだことなんて無いから!

と思っていました。

そう、世の中の英語を使って仕事をしている人達は『ビジネス英語』という”特別な英語”を学んだ人達だと思っていたのです。

あなたはどうですか?

仕事で英語を使うことに自信が持てないのはもしかしたら、

ビジネス英語の方が日常会話より難しい

そう思っているからではありませんか?

実はね、ビジネス英語の方が日常会話よりシンプルで簡単だったんです。

日常会話の方が難しい理由

『ビジネス英語(英会話)』と『日常の英語(英会話)』何が違うのでしょう。

日本語で考えてみると分かりますよ。

ビジネスで使う日本語は敬語、つまり『丁寧な日本語』です。

一方で日常会話はというと、

親しい人同士で使う『ため口』

若者が使う『若者言葉』『省略語』などなど

日本人でもそれどういう意味?と聞きたくなるような言葉もあります。

つまり、

「丁寧な日本語」は教科書に載っているような正しい日本語
日常会話はもっと自由にアレンジされた日本語

とでも言いましょうか。

これを英語で考えると、

ビジネス英会話は、「丁寧な英語」で教科書に載っているような正しい英語
一方の日常英会話は、もっと自由にアレンジされた英語

ということになります。

確かに日常英会話では省略形がたくさん使われますし、

若者がよく使う「スラング」なんかもあります。

私たちが学校で習った英語はむしろビジネス英語に近いといえるのかもしれません。

日常会話の方が難しい理由は、このように学校では習わない省略形やスラングが使われるからなんですね。

会話力より先に鍛えるべきはリスニング

ではここからは具体的にビジネス英語を身に着けるためにどんな勉強をしたかを紹介していきます。

まずは、

徹底的にリスニング力を鍛えました。

そもそも、相手の言っていることが理解できなければ会話は成立しないからです。

自分の語彙力がなくても、発音がジャパニーズイングリッシュでも、

相手の言葉が理解できれば何とか会話を成立させることができます。

言語習得の順番から考えてもリスニングから始めるのが効率的な学習法と言えます。

どういうことかというと、

赤ちゃんが言葉を覚えるときの順番を考えてみてください。

まずは周りの大人たちの言葉を聞いて聞いて、少しずつ少しずつ話せるようになっていきますよね。

英語もそれと同じ。

会話の練習よりもまずはリスニングです!

私は映画を繰り返し見て勉強しました。

人生に必要な英語は映画で学べる【英語学習におすすめDVD8選】日常生活に必要な英語力は映画から学ぶ事が可能です。 私は映画好きなホストファミリーと暮らしたおかげで、たくさんの映画を見て英語力を...

TOEIC700点以上を取得する

英語を使う仕事に転職するならTOEICは必須条件です。

最低でも700点は欲しいです。

800点あればなお良いでしょう。

TOEICの勉強もリスニング力の強化につながります。

最近ではほとんどの企業がTOEICのスコアを応募条件としています。

英検よりもTOEICの方が一般的です。

つまりは、TOEICのスコアがなければスタート地点にさえ立てません。

まずはTOEICで700点以上取得しましょう。

私のTOEIC勉強法も紹介していますので参考になれば幸いです。

私のTOEIC勉強法-続けるコツは『感情』 TOEICのスコアが全然上がらない! 仕事が忙しくて勉強する時間がない! こんな声をよく耳にします。 私自身も以前...

定番フレーズを繰り返し独り言で練習

ビジネス英語で使われるフレーズはある程度決まっていてそれが繰り返し繰り返し使われます。

ビジネス英語の方が簡単と思える理由はここにあります。

仕事で使う英語ってワンパターンが多いのが意外でした。

考えてみると日本語のビジネスメールや会話でも同じですよね。

「いつもお世話になっております」
「よろしくお願いいたします」

そんな決まり文句を繰り返し使っていませんか?

英語も同じで頻繁に使うフレーズはだいたい決まっています。

そんなフレーズをすらすらと言えるようになればビジネス会話は乗り切れるんです。

もちろん、

時には分からない言葉があったり、相手の言っていることが理解できない場合もあります。

ビジネス英語とはそのような場合にいかに相手とのコミュニケーションを継続させられるか、なのです。

Would you say that again, please?
もう一度おっしゃっていただけますか?

こんな一言をいかにスムーズに会話の流れを途切れさせずに言えるかがカギ。

ということで、次にやったことはこのビジネス英語でよく使うフレーズをいつもいつもいつも口ずさむことです。

よく使うフレーズは下記の本が参考になります。

本物のビジネス英語を身につけたいなら、この1冊 そんな人におすすめの1冊を紹介します。 過去の私は仕事で英語を使うには「ビジネス英語」という特別な「英語」を習得する必要が...

習うより慣れる

そして最後に一番大切なことは、

チャンスがあったら不安でも自信がなくても思い切って挑戦してみる

です。

いくら独り言でブツブツとつぶやき続けてもそれを実践できる場がなければ意味がありませんよね。

まずはどんな小さなチャンスでも英語を使った仕事をしてみることです。

実際に仕事をしながら少しずつ学びスキルアップしていけばよいのですから。

私が初めて外資系企業の面接を受けたとき、

私はビジネス英語を学んだことはないですが大丈夫でしょうか?

と質問してしまいました。

そんな人はうちの会社に一人もいませんから大丈夫ですよ

と言われたことをよく覚えています。

何か国語も話せるマルチリンガルだらけの会社で働いて、初めて気が付いたことです。

大切なのは、ネイティブのような完璧な発音で話すことでも、難解な文法を組み立てて複雑な文章で話すことでもありません。

誰でも理解できるシンプルで分かりやすい英語を丁寧にスムーズに話すこと

それがビジネス英会話を攻略する秘策でした。

まとめ

久しぶりに再会した友人は数年前にビジネス英語が話せないと悩んでいた彼女とは別人のように輝いていました。

ビジネス英語と聞くと何だか難しそうと躊躇してしまう人が多いですが、実際にはビジネス英語は教科書通りの基本の英語だったりします。

最初から英語に自信がある人ばかりではありません。

自信がない、不安、そんな状況でも最初の一歩を踏み出してみれば、本物のビジネス英語に触れる日がきっと来るはずです。

大丈夫、きっと未来のあなたも輝いてます!

【おすすめ本】もっと早く知りたかった!英語を話せない理由と解決法どうしても英語が話せるようにならない。 英語の勉強をしなくちゃと考えると気が重い・・・ 日本人の多くは学校教育だけでは英語が話せ...