英語学習

英語の語彙力の伸ばし方|言いたい事が言えない時ほどチャンス

突然ですが、

英語で「ナス」言えますか?

 

・・・

 

“eggplant” ですね。

 

しかしながら、

人間はど忘れすることがあります。

 

例えば、

好きな食べものは何ですか?と聞かれて

「ナス」と答えたいのに、

あれ、「ナス」って英語で何て言うんだっけ???

そんな時、あなたならどうしますか?

 

「ナス」と言うのを諦めて他の好きな食べ物を探そうとするあなた、

 

残念ながら語彙力を伸ばすチャンスを逃してしまっていますよ。

 

この記事は、

英語の語彙力を伸ばしたい!
でも、単語帳とか苦手
暗記とか全然ダメ!

そんなかつての私と同じあなたに向けて書いています。

この記事を読むと、

語彙力を伸ばす小さなコツと、分からない言葉に出会ったときの対処法が分かります。

英語の語彙力を伸ばすには?

まず最初に一言だけお断りしておくと、ここで言う語彙力を伸ばすの意味は、

受験やTOEICの試験対策としての語彙力ではありません。

 

私の考えですが

試験の為の語彙力:短期的な記憶でOK
日常生活の語彙力:長期的な記憶が必要

試験の為の語彙力って一時的な記憶でいいと思うのです。

 

言い換えれば

『試験の為に暗記する』

ということですね。

 

試験に出るような難解な英単語を日常生活で使うことってあまりないです。

 

一方で日常生活の為の語彙力は

長期的な記憶が必要です。

使う頻度も多いです。

 

だからこそ、日常的に使う語彙力アップの方が重要だと考えます。

 

前置きが長くなりましたが、

本題に入ります。

 

英語の語彙力を伸ばす方法ですが、

記憶に残りやすいのは、『感情が動いた時』なんです。

 

例えば、

先に紹介した「ナス」

私は多分一生、「ナス」は”eggplant”ということを忘れないと思うのです。

 

それはなぜかというと、

「ナス」と言いたいのに言えない!

という歯がゆさというか口惜しさを味わったからなんですね。

 

その時に「ナス」は”eggplant”と言うんだよと教わって、

言いたいのに言えなかった、という感情と共に、記憶に焼き付きました。

 

こんな風に、感情と共に覚えた英語というのは記憶に残りやすいんです。

言いたい事があるのに単語が分からない時どうしてる?

前の質問に戻りますが、

もし「ナス」と言いたいのに「ナス」と言えない場合、

あなたならどうしますか?

 

これは何も「ナス」に限ったことではありません。

ん~、、、あれを言いたいのに英語でなんだっけ?

ということは日常的にたくさん起こります。

 

そんな時、言うのを諦めずに

なんとか伝えようとしてほしいんです。

 

もし「ナス」が分からないのなら

It’s vegetable
それは野菜で・・・

It has purple color.
紫色をしていて

It’s about this size.(+ジェスチャー)
この位の大きさなんだけど・・・・

こんな感じです。

それでもし相手が、

Ah, you mean eggplant?
ああ、ナスのこと?

こんな風に返してくれたら、「ナス」は”eggplant”だってわかるわけですよね。

こういうのがすごーく大切なんです。


英単語の連想ゲーム

もし、身近に英語のネイティブがいるのなら、

もしくは、英会話のレッスンをうけているのなら、

分からない言葉に出会った時、

連想ゲームのようにその言葉を別の言葉で伝えてみてください。

例えば、

ゾウ:elephant

elephantという言葉を使わずに、どうやって伝えますか?

It’s an animal…

big very big…

nose…long nose…

さて、これで伝わるかな?

 

英語を勉強している人と二人で連想ゲームをしてみるのもいいかもしれません。

 

一人でやるなら、

知らない単語に出会った時、

それを説明する別の言葉を考えてみたりすると、記憶に残りやすいですよ。

英語力より大切な『コミュニケーション力』

英語を勉強しているけれど、なかなか自信が持てない

もしもあなたがそんな風に思っているとしたら、

 

その理由はもしかして、

「英語力がない」と思っているからではありませんか?

英語力がないから、自分の言いたい事が言えない
英語力がないから、相手の言っていることが理解できない

でもね、

大切なことは、

分からないことをいかに伝えるか
分からないことをいかに理解しようするか

なんです。

 

英検2級持っているからと自信満々で海外に行った18歳の夏休み

私の英語は全然ダメで、

会話することを諦めて、部屋に引きこもりました。

 

今、

あの頃の私に言いたい事は、

英語が全然ダメでもいいじゃない。

せっかく出会えた人と分かりあいたいと思わない?

その人がどんな人なのか?

何が好きなのか?

知りたいと思わない?

大切なのは相手とコミュニケーションをとろうとする

「コミュニケーション力」なんだよ。



まとめ

語彙力がなくても英語でコミュニケーションとることは可能です。

自分の英語力に自信がない、そんな人ほど、分からない言葉に出会った時、

諦めずに、伝えようとしてみてください。

大丈夫。

自信を持って話しかけてみて!

 

英語チンプンカンプンから苦手意識を克服した道のりどうしても英語に対する苦手意識が消えない・・・ 会社で英語が必要なのに、どうも苦手で・・・ そんな悩みを抱えていませんか? ...
【無料お試しあり】トーキングマラソンでの英会話学習が効果的な理由アルクの英会話アプリ『トーキングマラソン』を使い始めました。 その理由は、 しばらく英語を使っていなかったら、全然話せなくな...