TOEIC

私のTOEIC勉強法-続けるコツは『感情』

TOEICのスコアが全然上がらない!
仕事が忙しくて勉強する時間がない!

こんな声をよく耳にします。
私自身も10年位前は同じ悩みを抱えていました。

試行錯誤、色々な勉強法を試して、今ではスコア830点まで来ました。
900点を目指してこれからも勉強を続けていきます。

最近TOEICの勉強法を相談されることが多くなったので、
私の勉強法が誰かの役に立てればと思い、紹介しようと思います。

リスニングの基礎力を上げる

TOEICの為、というよりも私はリスニングが非常に苦手でしたので、まずはリスニングの基礎力を上げる事を目指しました。

いくつものリスニング教材を手に取りましたが、私にとって効果があったのは、
様々なシチュエーションでの会話がひたすらに続くタイプのもの。

英語の後に日本語が流れるものもありましたが、私の場合はこのタイプは苦手でした。どうしても日本語の方に意識が向いてしまい、英語が頭に入ってきません。

何度も何度も同じ会話を聞いていると、「あれ、この単語どういう意味かな?」と耳に残る単語があります。

その単語を辞書で調べると、とても記憶に残り、定着しやすいように思いました。

同じように、好きな映画のDVDを何度も何度も、何十回も繰り返し見ました。

そうすると、やはり同じように「あれ、この単語はどういう意味かな?」と耳に残る言葉があり、それを辞書で調べると定着します。

ただひたすらに、英語を聞き続けました。

最初は全然聞き取れなかったものが、だんだんと聞き取れるようになってくるのが自分でもわかり、モチベーションに繋がります。

ある程度リスニングの力がついてきたら、今度はTOEICの過去問のCDをひたすらに聞き続けます。今度はTOEICの問題に慣れるためです。

今ではリスニングのパートはほぼ満点に近い得点をとれるようになりました。

とにかく耳を英語に慣らすこと。
TOEICの問題に慣れること。
そして、楽しみながら聞くこと。

これがリスニングの勉強を続けるポイントでした。

TOEICの問題集は『公式問題集』にひたすら取り組みましょう。
問題に慣れる事が最重要ポイントです。


リーディングの基礎力を上げる

リーディングについてもリスニングと同じことが言えます。

やはりある程度、読む力がなければ問題を解く事が出来ません。

TOEICのリーディングはかなりのボリュームがあります。

始めて受験した時は全く理解できず、途中で居眠りをするありさまでしたから・・・。

長文の英語をスピーディーに読み、問題を解けるリーディング力が必要です。

リーディングの基礎力を上げるためにもやはり色々な事を試しました。

まず、英字新聞。
これは全く続きませんでした。
さっぱりわからなくて。

続けるポイントはやはり楽しみながら出来る事だと思います。

私が選んだのは英語のペーパーバック。

楽しんで読めるものを選ぶ事がポイントです。
それから、読みやすい英語で書かれていることも重要。

子供向けの短編のストーリーから始めましたが、正直、そんなに面白いものが見つからず、
ハリーポッターにも挑戦しましたが、私にはとても難しく感じました。

楽しみながら読めて、英語も分かりやすかったのは、
Sophie Kinsellaの作品です。
Shopaholicシリーズは有名で「お買いもの中毒な私!」として映画化もされました。

私のおすすめは『Can You Keep A Secret?』です。



 

会話文が多いのでとても読みやすく、理解しやすいうえ、ストーリーも面白いので飽きずに読み進める事が出来ます。

この本も何度も何度も何度も繰り返し読みました。

最初は解らない単語は読み飛ばしながら、何となく理解する感じです。

それが、何度も何度も読んでいるうちに、「あれ、この単語はどういう意味かな?」と思う事があり、自然と辞書に手が伸びて、意味を調べます。

リスニングの場合でも同じですが、このように「意味を知りたい」という感情と共に調べた単語は忘れないんですよね。

わたしはもともと単語の暗記が苦手です。

なので、単語帳を使った勉強は一切しませんでした。
自分から「意味を知りたい」と思ったら調べる。

そうしないと記憶に残らなかったのです。

ある程度リーディング力がついてきたら、リスニングと同じように、ひたすらに過去問を繰り返します。



 

900点取得に向けて今後の課題

TOEICのスコアが今の社会でどの程度重要視されているのか、正直私にはコメントのしようがありません。

ですが、派遣社員として登録した会社では、700点以上あると、英語を使う仕事を紹介してもらえる、800点以上あるとさらに紹介の幅が広がるよと言われました。

それが、TOEIC受験のモチベーションになっていました。

ところが、ある外資系の企業で派遣の仕事をした時、そこで働く人たちは正直、TOEICのスコアがどうこう言うレベルではなかったのです。

英語を話せるのは当たり前、他に何の言語が話せるか、という感じでした。
それまでの私にとってはまるで別世界です。

以来、私のTOEIC熱は完全に消失し、英語でコミュニケーションが取れることが重要。
スコアは関係ないと思っていました。

そんな私ですので、TOEICの勉強をつづけるにはモチベーションを保つ事が1つのポイントです。勉強が億劫になった時は、スコアの為じゃない、もっともっと世界とつながるために英語を勉強しているんだと自分に言い聞かせています。

あなたは何のためにTOEICのスコアが欲しいのでしょうか?
そのスコアの先にある、憧れの会社で働く自分や、転職して理想の仕事をする自分をイメージしてみてください。

心の中からパワーが湧いてくる感じがしませんか?

TOEICの勉強を続けるコツはそんな風に自分の『感情』を利用する事です。

「知りたい」「楽しい」「嬉しい」「わくわくする」
そんな風にポジティブな感情を利用してみてください。
きっと無理なくTOEICの勉強が続けられると思いますよ。

 

最後に・・・
830点から更に上を目指すために私に必要なのはリーディングのスピードだと考えています。どうしても時間内にすべての問題を解き終えることが出来ません。

900点取得に向けこれからは今まで以上にたくさんの英文を読み込んでいこうと思います!
ここまで来たら「楽しみながら読む」だけでは壁を越えられないと思うので、
英字新聞や雑誌等少し難しい記事にも積極的にチャレンジしていきたいです。

 

リクルートのスタディサプリにはTOEIC対策のオンラインコースがありますので、
興味のある方は公式サイトをご覧ください。
リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

TOEIC830点を取得した勉強法も紹介しています。
本記事とはまた少し違った視点でも書いていますので合わせて読んでみてくださいね。

 

【TOEIC830点】800点の壁を超えた勉強法を紹介します今日はTOEIC800点の壁を突破する為に私が取り組んだ勉強方法とちょっとしたコツを紹介します。 TOEICに効果的な勉強法って色...