コラム

【後悔しない生き方】人生の優先順位をつける意味

今日の記事は、昔ある出来事がきっかけでもの凄く落ち込んでいた私にカナダで知り合った友人が語った事です。

その人は好きな音楽の仕事で成功し、たくさんの人に慕われ、いつも生き生きと輝いていました。

落ち込んでいた私を励ますために話してくれたのは、彼の人生のポリシーだったのですが、それはまさに「後悔しない生き方」に繋がる事でした。

何となく毎日が辛い、生き方に迷っている人のお役に立てますように・・・

人生の優先順位

彼はこんな事を話してくれました。

僕はずっと若い頃に自分の人生で大切にしたい事を5つ決めたんだ。
それは、音楽・健康・家族・豊かさ・愛(友情)
この5つに当てはまらない事をしている時、それは人生を無駄にしているって事なんだ。
君にとって本当に大切な事は一体何?

わたしは彼の言葉に何も返す事が出来ませんでした。

彼のようにはっきりと言葉にできる人は少ないのではないでしょうか。

あなたはどうですか?

本当に大切な事が分かっている人は強い

彼に対して私がいつも思っていたことは、この人はとても「強い」人だなという事。

壁にぶつかった時は、スタートラインに戻るんじゃなくて、遠回りでもいいからその壁を越えていくことが大切なんだ。

困難な事があっても決して諦めないし、自分はこれが好きだから、と言い切る姿はとてもカッコよかった。私もそんな風になりたいと思いました。

 

自分にとって本当に大切な事が分かっている人はブレないし、強い。

 

だから、人としてとても魅力がある。

わたしにとって大切な事を考えてみた

じゃあ、私にとって本当に大切な事って何だろう?

「世間体」や「見栄」や「親に認められる為」の偽りの自分で生きてきた私にとって、本当に大切な事は正直分からなくて。

まるで洞窟の奥深くに隠された宝石でも探すように、真っ暗闇で簡単には見つけられそうにありませんでした。

そんな、暗黒の時代は何年も続き、私は結構な時間を無駄にしてしまいました。

それでも最近はやっと何となく見えてきて、

  • 場所にとらわれないこと
  • クリエイティブであること
  • 心を大切にすること
  • 旅をすること
  • 自分のペースで生きること

私にとってはこれらが人生で大切にしたいエッセンスとぼんやりですが、最近は感じています。



人生の優先順位を意識しないと苦しみが生まれる

自分にとって大切な事など意識する事も無く生きてきた私は、そのせいで苦しむ事もたくさんありました。

例えば、家族の優先順位が仕事よりも高い人が、家族よりも仕事を優先する生き方をしていれば、辛いですよね。

私は日本の社会はこの優先順位が、「家族よりも仕事」である事を求められているように感じてしまいます。

みんなが残業しているのに、家族との時間を優先して定時で帰る人に向けられる冷たい視線を感じませんか?

もちろん、「家族よりも仕事」の優先順位で生きている人にとってはそれは幸せな事です。

人それぞれ優先順位は違うのだから、こうあるべきという正解はないはず。

にもかかわらず、本当は「家族」の方が優先順位が高いのに「仕事」を優先しなければならない事が多いような気がします。

この優先順位を無視した生き方こそが、苦しみをつくりだしてしまいます。

優先順位を無視し続けた結果生まれるのは罪悪感

自分の優先順位を無視して生きてきた結果「罪悪感」という感情が生まれました。

私の場合は、自分自身に対する「罪悪感」でした。

人によっては、家族に対する「罪悪感」かもしれないし、恋人に対する「罪悪感」かもしれません。

大切にしたい人を大切にできないのですから、そう感じるのも納得がいきます。

自分自身を大切にできなかった。
愛する誰かを大切にできなかった。

そんな生き方をしていると、いつか後悔することになってしまいます。

後悔しない人生にするために今すぐ優先順位をつけよう

あなたが幸せな人生を過ごすために大切にしたい事を5つ考えてみてください。

出来る事ならそれに優先順位をつけましょう。

もし、順番をつけられなかったとしたらそれでも大丈夫。

大切なのはあなたにとって重要度が高い事をしっかり認識する事です。

優先順位をつける理由は人生を無駄にしないため

優先順位をつけて生きることにどんなメリットがあるかというと、

自分にとって本当は重要ではない事に労力を使って人生を無駄にすることがなくなるという点です。

自分にとって重要ではない事、必要のない事は出来るだけ減らしていきましょう。

正直私にとって、「仕事」の優先順位は低かった。
なのに、「仕事」で認められることばかり追い求めていました。
だから辛かった。

だけど「仕事」は生きていくために必要な事です。
減らす事はできません。

それでも、「優先順位1位」ではないと意識できれば、仕事を頑張りすぎる事は無かったと思います。

倒れる程に頑張る必要は無かった。

今ならわかります。

まとめ

この話を私にしてくれたカナダ人の友達がいつも生き生きと幸せそうなのは人生の優先順位をしっかりと認識しているからです。

自分にとって大切な事を良く分かっているから、活力が湧いて元気に過ごせているのだと思います。

たった1度の人生を大切にしたい。

私も心からそんな生き方がしたいと今は思っています。

あなたにとって大切な事は何ですか?