英語

トーキングマラソン始めました|英語は使わないと話せなくなるから

アルクの英会話アプリ『トーキングマラソン』を使い始めました。

その理由は、

しばらく英語を使っていなかったら、全然話せなくなっていたから

です。

以前は仕事で英語を話したり、街中で外国人に道を聞かれたり、もちろん海外旅行する機会もありました。

ところが、ここ数年は仕事を変えた事もあって英語を使うこともほとんどなくなり、街中で外国人に話しかけられることも、海外旅行することも無くなり、気が付けば2年近く英語を全く話していませんでした。

薄々感じてはいたんです。

このままだと英語が全然話せなくなるなあ・・・

いつか世界が元通り、人々が自由に旅行を楽しめるようになった時、英語が全然話せなくなっていたら悲しい。

なんとかしなくちゃ。

そんな時に見つけたのが『トーキングマラソン』でした。

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

トーキングマラソンを選んだ理由

数ある英会話アプリの中でトーキングマラソンを選んだ理由は2つあります。

アルクだから

1つ目はアルクが作ったアプリだからという点です。

アルクと言えば学生時代はEnglish Journalという雑誌を楽しみに読んでいました。

 

受験の時も、ワーホリの時も英語の勉強にはアルクの英語教材に大いに助けられたんです。

更に、日本語教師として活動を初めてからは日本語教育に関する教材も活用させてもらいました。

アルクの日本語教師養成講座も受講しました。

日本語教師になるための3つの方法【目的別の学び方を紹介します】日本語教師になる為にはどうしたらいいの? この記事ではそんな疑問に答えます。 日本語教師になるための資格とは 厳密に言えば...

私にとってアルクは語学学習において心からの信頼を寄せている企業です。

そんなアルクが作ったアプリという時点で興味がありました。

カナダで英語を習得した方法と同じだから

『トーキングマラソン』がどんなアプリなのか、簡単に言うと

独り言で英語をぶつぶつとつぶやいて練習するアプリです。

この方法、実は私がワーホリでカナダに滞在中、信頼できる先生が勧めてくれた方法と同じなんです。

詳しくは下記の記事でも書いていますが、

ワーホリ中の引きこもりを克服した方法【必要なのは少しの勇気】 そんな悩みを抱えてしまった人に私の経験談を紹介します。 そんな時って気持ちが萎えてしまって、引きこもりがち...

英語が思うように話せなくて引きこもりがちになってしまった私。

プライベートレッスンを受けていた先生から出された宿題は、

「今何時ですか?」

と英語で聞いてみるというもの。

“Do you have the time?”を何度も何度も何度も、独り言で練習しました。

ホストファミリーとの会話も事前に何度もフレーズを練習して身に付けました。

ホストファミリーと仲良くなりたい!会話ネタを見つける方法を紹介します。 海外でホームステイをする経験なんて人生でそう何度もできる事ではないですよね。 せっかくのホームステイなのにホストファミリー...

人見知りで話しかけるのが苦手な私にとって、

この独り言で何度も何度も繰り返しつぶやいて練習し、本番で使ってみるという流れはとても効果的だったんですね。

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

トーキングマラソンはこんな人におすすめ

ということで、トーキングマラソンはこんな人におすすめです。

しばらく英語を使っていなくて、言葉が出てこない!

私と同じように暫く英語を使っていないせいで、話せなくなってしまった人。

言われてみれば「ああ、そうだった」と思い出せるんです。

でも、

英語は使わないと忘れてしまいます。

頭ではわかっているのに、ぱっと言葉が出てこない・・・

そんな状態の人におすすめです。

人見知りで初対面の人と話すのが苦手

英語は使わなければ話せるようになりません。

あたりまえですね。

とはいえ、

私のように、人見知りで人と話すのが苦手な人にとっては英会話教室に通ったり、英語のプライベートレッスンを受けたりするのは勇気がいります。

トーキングマラソンは自分一人で練習できるので、とっても気が楽です。

さらに自分の英語がどんな風に聞こえているのかも判定されるので勉強になります。

実際のところ、

海外で自分の英語が通じなくても、相手にはどう聞こえているのかを知る機会ってほとんどありません。

わざわざ「あなたの英語はこう聞こえるけど?」って教えてくれる人っていないですよね。

このアプリなら自分の英語がどう聞こえたかが分かるというのが一つのメリットだと思います。

オンライン英会話に興味があるけれどどんな先生か不安

最近はオンライン英会話で英語を学ぶ人も増えていますが、私はどんな先生なのかすごく不安なんです。

今まで色々な先生に教わってきましたから。

とても熱心で教えるのが上手で、信頼できる先生がいた一方で、

やる気がなくて、レッスン中にあくびをしているような先生もいました。

正直、オンライン英会話の先生ってどんな先生なんだろうとすごく不安です。

オンラインで会話をするということに慣れていないという理由もあります。

その点、トーキングマラソンならハチャメチャな英語を言ってしまっても恥ずかしくありません(笑)

恥ずかしさゼロの英会話練習【トーキングマラソン】先生とのレッスンは緊張する、発音が下手だから恥ずかしいという方、今すぐ無料体験!

トーキングマラソンってどんなアプリ?

トーキングマラソンは『スキット』と呼ばれる単位で会話の練習をします。

スキットとは寸劇の意味で、様々なシーンで使われる会話の練習ができるようになっています。

ある日のスキットは

『夕食後、何をして余暇を過ごす?』というテーマでした。

アプリに表示される人物と何をして過ごすか会話をする設定になっています。

表示された日本語のフレーズを英語で答えると、アプリがそれを判断してくれるという仕組みです。

もうちょっと具体的に紹介しますね。

まず、スタートボタンを押すとアプリ上の女性がこんな風に話しかけてきます。

Well, what shall we do?

続けてこんな風に日本語のフレーズが表示されるので、

トランプしようよ

あなたが英語で答えます。

Let’s play cards.

正しく言えたら、Excellent と表示されます。

スキットは次のように続きます。

Not much fun with just two of us.
うん、そうだね。

私の答えは

Yeah, I think so.

Good と表示されました。

正解は、

Yeah, I agree.

正解とは違っても実際に会話で通用すると判断されれば、

Good とか Great と判定されます。

正解ではないけど、まあこれでも通じるよと学べるわけです。

スキットを続けます。

How about fortune telling?
それ君にできるの?
Can you do that?
Didn’t I tell you before?
それは初耳だね。

一つのスキットは5分程で終わるので、すき間時間に気軽に取り組めるのが魅力だと思いました。

トーキングマラソンの感想

最近すっかり英語を話さなくなってしまったので、全然言葉が出てこないだろうなと想像していました。

トーキングマラソンを始めてみて、あまりに言葉が出てこなくて自分でもショックだったのですが・・・

少しづつ英語の感覚を取り戻せてきたように思います。

その証拠に最近また英語の夢を見るようになりました。

自分のペースで一人で取り組めるのが、すごく楽ですね。

いつかまた海外に行ける日まで、英語を忘れないようにコツコツ続けて行きたいと思います。

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!