英語学習

英会話初心者なら、日本人講師から学んだ方がいいメリットとは?

英会話を習いたいと思うんだけど、日本人講師とネイティブ講師、どちらから学んだらいいのかな?

今日はそんなお悩みについて考えてみたいと思います。

 

私自身はもともと、英語が苦手でした。

さっぱり理解できず、チンプンカンプンという状況でしたが、良い先生に出会えたおかげで

英語が得意科目になり、短期留学、ワーホリを経て日常会話なら問題なく話せるようになりました。

 

そんな今だからこそ言えるのは、

英会話初心者なら、日本人講師から学んだほうがいいよ!ってことなんです。

私の体験談から、そのメリットをご紹介したいと思います。

英会話初心者が日本人講師から学ぶメリット

英語のルールを日本語で理解できる

英語を話すためには英語のルールを学ばなければなりません。

文法だったり、文型だったりですね。

最初の頃、私は「英語は教科書を暗記するゲームみたい」だと感じていました。

なぜそうなるのか、なぜその語順なのか、なぜこの単語なのか、いつも頭の中には「なぜ」が浮かんでいました。

その「なぜ」を論理的に日本語で説明してもらって初めて、英語を「理解」することができたんです。

 

英語はネイティブから学ぶべきという人もいるよね?

確かに、ある一定レベルまで到達したら、ネイティブとたくさん会話をして実践していくのが良いと思います。

ただ、初心者のうちは(つまり英語を理解できていないうちは)日本人講師から学ぶ方が圧倒的に理解が早いです。

 

これは私自身、日本語教師として活動した経験からも言えることですが、

日本語を日本語だけで教えるよりも、英語で説明をしながら教えた方が生徒の理解が早かったんですね。

 

また、フランス語を学んだ経験もあるのですが、最初は日本語が話せない先生から、フランス語を英語で学んでいました。

その時は全く身に付かなかったのです。

数年後に、日本語で改めてフランス語を学び直して「ああそういうことだったんだ」と理解できました。

これらの経験者からも初心者のうちは、日本語でしっかり英語を「理解」することが大切と考えます。

わからないことを日本語で質問できる

続いては、わからないことを日本語で質問できる、と言う点です。

講師が日本語を話さない場合、疑問点を英語で質問しなければならないと言う大きなハードルがあります。

そもそも質問すること自体がハードルになってしまうので、疑問点をそのままにしがちです。

その結果ますます「理解」できない、という悪循環に。

英語をしっかり「理解」するために、日本語で質問できるというのはメリットになります。

日本人がつまづきやすいポイントを理解している

最後は日本人がつまづきやすいポイントを理解している、と言うメリットがあります。

日本人講師自身が英語を学んできた経験があるでしょうし、たくさんの日本人に教えていれば共通するつまづきポイントを理解しているでしょう。

また、講師自身がどんな風に英語を学んできたのか、挫折しそうになった時どうやって乗り越えたか、他にも効率的な勉強方法とかおすすめの参考書とか、アドバイスをもらえることはたくさんありますよね。

単に英語を学ぶだけでなく、勉強の方法も学べるというメリットも。

ネイティブ講師に変えるタイミングは?

ここまで、日本人講師から学ぶメリットについて書いてきましたが、ずっと日本人講師から学ぶのが良いとは思いません。

やはりある程度のレベルになれば、ネイティブ講師と実践を積んだ方が英会話スキルが伸びます。

では、どのタイミングでネイティブ講師に変えるかってことなんですけど

私の場合、

疑問点を英語で質問できるレベルになったら

と考えています。

日本人講師から学ぶメリットは、日本語で質問できると書きましたが、疑問点を英語で質問できるようになったらネイティブ講師から学ぶタイミングだと思います。

まとめ

というわけで、今日の内容をまとめると、

初心者のうちは英語を「理解」することが大切。

そのためには日本人から日本語で論理的に学んだ方が理解が進む。

疑問点を英語で質問できるレベルになったら、ネイティブ講師から学ぶ。

というのが私の経験から学んだことです。

参考になれば嬉しいです。

 

【初心者から留学準備まで】おすすめの英会話教室3選|後悔しない選び方こんにちは。 手紙屋マーガレットです。 このブログは海外文通で人生を救われた私が、おすすめの英語学習法をまとめています。 ...